インプラント治療を希望する代表例として

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。